Hotel

ハイアット カーメル ハイランズ – オーバールッキング ビッグ サー コースト & ハイランズ イン – ア ハイアット レジデンス クラブ 滞在記 客室

2019年8月にハイアットのマイルストーンリワードでもらったカテゴリー1〜7の1泊無料宿泊券とポイント&キャッシュを利用してハイアット カーメル ハイランズ – オーバールッキング ビッグサー コースト & ハイランズ イン – ア ハイアット レジデンス クラブ(Hyatt Carmel Highlands, Overlooking Big Sur Coast & Highlands Inn, A Hyatt Residence Club)に2泊しました。

非常に長い名前のホテルですが、宿泊した際もここまで長かったのか記憶にないです(以下、ハイアット ハイランズ)。1年以上も前の宿泊記のため、現在の様子と異なる部分はあると思いますので、記録として参考にしていただければ幸いです。

昨年はかなりのハイペースでハイアット滞在があったため、夏前にはグローバリストの資格に必要な60泊を達成しました。60泊を達成した際にもらえる無料特典の有効期間が意外に短く、確か半年ぐらいで、1年はなかったように思います。消滅する前に現金での宿泊が高い、もしくはポイント宿泊でも多いポイントが必要なホテルを車移動で週末に利用できる条件で検索し、候補となったのがVentana(ヴェンタナ)かハイアット ハイランズ。両ホテル共にカテゴリー7でベイエリアから車で約1時間半南に行ったビッグサーというエリアにあり、現金宿泊には安くても1泊$600以上は必要そう。せっかくなら、サカナさんの誕生日に合わせて宿泊日を検索すると、ヴェンタナは10月まで2泊無料特典もしくはポイントで宿泊できる日程が出てこず。ということで、今回はハイアット ハイランズを予約することにしました。

予約の際、スイートアップグレードを使用できるか聞いたところ、マイルストーンリワードの無料宿泊特典との併用は不可という説明があり残念。部屋の移動は問題ないのでポイント&キャッシュで予約するもう1泊分はスイートアップグレードを使用できるか食い下がったところ、24時間空いていない宿泊は1つの予約とみなされスイートアップグレード使用不可でした。あとはグローバリストの特典と、「誕生日」の宿泊であることを伝えて当日の空き状況次第でのアップグレードを狙うのみ。予約した部屋がガーデンビューでしたので、これがオーシャンビューになれば文句なしです。

チェックインすると、「アップグレードしましたよ」と。ありがとうございます、ハイアット ハイランズ。はっきりとどの部屋タイプにアップグレードされたのか言われませんでしたが、写真や部屋のロケーションを考えるとOne-Bedroom Horizon View Suiteだと思います。ホテルは全部で48室、そのうちスイートルームは11室、32室がオーシャンビュー、5室がガーデンビューのようです。いくつか建物が離れて配置されており、アサインされた部屋は201〜209号室が1つの建物に集まった2階建の1階部分。敷地内では一番海に近い配置になります。ただし、外から見た建物の様子と部屋のレイアウトを見ると6室ぐらいが妥当な作りに思えます。

部屋のドアを開けると小さめのクローゼットにセイフティーがあり、少し進んで左手にシャワールーム、トイレといったバスルームがあります。バスアメニティはHyatt Residence Clubのもの。これはHRC共通なのかもしれません。

そこから時計回りに寝室、リビングルーム、そしてキッチン。

バスタブがバスルームと寝室の間に大胆に配備されていてカップル向けのレイアウトです。

また、クローゼットはバスタブの向かいにあり、少し意外な配置です。

リビングには暖炉がありますが、8月は暑くて使えません。デスクは使い勝手が良かったものの、ソファーとテーブルはカテゴリー7のホテルにしてはちょっと釣り合わないような。バスルームとリビングルーム共に質感は経年劣化および調度品自体のチープさを感じます。

キッチンは私たちのような2泊のみの短期滞在者には無用ですが、冷蔵庫、トースター、電子レンジ、ケトル、計量スプーン、食器洗剤、スポンジ、キッチンタオル、ボール、フライパン、食器やグラスなど一式揃っています。ただし、キッチン用品もスマートというよりはどこか古びた感じがあるのは否めず。

寝室にあるベッドは快適でバルコニーからは手前に木々、その奥に見えるオーシャンビューに心が和みます。

2泊と短い滞在でしたが、リフレッシュできました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です