Restaurant

LAでお気に入りのベーカリー② クラーク・ストリート・ベーカリー(ブレントウッド)

先日のロッジ・ブレッド・カンパニーに続いて私がよく利用するベーカリがクラーク・ストリート・ベーカリーです。エコ・パーク、グランド・セントラル・マーケット、ブレントウッドに店舗があり、コーヒー・ショップもあるようです。3店舗すべてに行ったことがありますが、雰囲気としてはエコ・パークとブレントウッドが好みです。

クラーク・ストリート・ベーカリーを知ってのは約5年前。よく利用していた魚屋のレジ横にバゲットとチョコチップ・クッキーが販売していて、クラーク・ストリート・ベーカリーのものでした。魚屋のスタッフが「えっ、知らないの?あそこのパン美味しいよ!」とえらくお勧めされたのを今でも思えています。その後、その魚屋は閉店してしまいましたが、1年ほど前のコロナ禍で渋滞がないのを良いことに4年越しに行ってみました。

ネットで事前にオーダーができたので、バゲットを初めカントリー・ブレッド等のパン類を数種類、バナナブレッド、チェダー&チャイヴ・スコーン、チョコチップ・クッキーを購入。バナナブレッドがクルミやチョコチップが入って具沢山で濃厚な味で気に入り、今では一斤で購入しています。チェダー&チャイヴ・スコーンも◎

2回目はバナナブレッドを一斤買い、フォッカチャ、クロワッサン、ハム&チーズ・クロワッサンを購入し、クロワッサンは外がバリバリで何十ものレイヤーがわかるもので非常に好み、ハム&チーズ・クロワッサンの出来も良かったですが、フォッカチャはイマイチ。ネットのオーダーで間違って頼んでしまった、ラズベリー・ジャムの小さいケースに入ったものが非常に気に入り、最近は大きい瓶に入ったラズベリー・ジャムも必需品です。

バゲットはサワー・ドウの焦げ茶色ではなく、フレンチ・バゲットに近い黄色味のかかった白い色をしています。合わせる料理にもよりますが、個人的にLAのベーカリーで一番気に入っているバゲットです。

シーディッド・カントリー(Seeded Country)は、中はしっとりして詰まっている感じがし、外側のシードは少なめ。このブレッドに関してはロッジ・ブレッド・カンパニーの方が好み。

ロッジ・ブレッド・カンパニーがサワードーをメインにした商品やピタパン、ハマスやスプレッドなどの取り扱いが多いのに対して、クラーク・ストリート・ベーカリーはパストリーとヴィエノワズリーの種類が豊富という印象です。

キッシュをはじめ、ブラウニーやパン・オ・レザンも試していないので、少しずつオーダーしていきたいと思います。

写真を取り損ねましたが、クラーク・ストリート・ベーカリーではプレーン、エヴリシング、セサミ、チェダーチーズの4種類のベーグルの取り扱いがあり、それぞれ1つ$2.50です。先日、一通り試しましたが、そこまで中が詰まっておらず、重すぎず、それでいてもっちりしながら、少し焼くと外側はパリッと。ちょうど良い感じのベーグルで気に入りました。人によっては、そんなのベーグルじゃないと言われそうですが。

そして、個人的に嬉しいのがボルディ・バターの取り扱いがあるということです。一年前は取り扱いがなかったので、ここ最近始まったと思います。ブレントウッド店に行ったこの日は、海藻、ゆず、エスプレット産唐辛子入り、マダガスカル・バニラの4種類。値段がフレンチ・ル・コンセプト・ストアよりも2、3割り安いのがポイント高いです。

ブレントウッドは店の奥行きがあるので、コロナが落ち着けばある程度の座席数が確保できるのかもしれません。現在は2つのテーブルが店の外にあるのみです。現状、店内奥はお店のグッズを販売しています。

また、レジの向かいにはフランスで見かけたことのあるフレーバー付きのポテトチップスやパスタ、小麦粉、コーヒー、グラノーラなどが販売されています。

スタッフもとてもフレンドリーで印象が良いベーカリーです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です