Hotel

レ・クレイエールの朝食

2017年9月に行ったフランス・スペイン家族旅行。ル・パークのディナーの後は早めに就寝したおかげで、翌朝はすっきりと目覚めました。この日が旅行の実質2日目になります。

朝食は前日のディナーを頂いたル・パークと同じ場所です。

庭が見える窓際の席もありました。

天井部分の装飾も凝っています。さすが、ポメリー夫人が愛娘のルイーズのために建てたシャトーだけあります。

朝食のメニュー。31ユーロとなかなかのお値段。

シリアルが複数種類選べるようになっていました。

種類豊富なコンフィチュール。蜂蜜もありました。

朝の水分補給にありがたいカットフルーツ。

この長いのはチーズでした。確かヤギのチーズだった思います。

パンの盛り合わせ。これで二人分の量です。

バターの容器が印象的でした。シンプルでモダンでありながらお洒落。

パンナコッタとアプリコット、フランボワーズのコンフィチュール。

朝からかなりの量です。

さらにオムレツ。これはサカナさんがオーダーしたマッシュルーム入り。

こちらは私がオーダーしたオムレツ。トマトとチーズをお願いしたように思います。

最後にチョコレートまで。かなり糖分過多ですが、コンフィチュールとパンナコッタは絶品でした。

朝食後は、パリに行く前にランスで訪れる場所があるのでそちらに向かいます。この日も午前中は過密なスケジュールです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です