Hotel

ル・パークでディナー

2017年9月に行ったフランス・スペイン家族旅行。テタンジェのカーヴ見学後、レ・クレイエールに戻って少し昼寝をし、ホテルにあるミシュラン2つ星のル・パークで夕食を頂きました。こちらのレストランの総料理長はあのフィリップ・ミル氏です。

食前酒はシャンパンで。。。と言いたいところですが、長旅とすでにウェルカムドリンクとカーヴ見学でシャンパンを数杯飲んでいたこともあり、サカナさんも私も夕食時は水だけ頂くことにしました。ランチをしたル・ジャルダンの色鮮やかなテーブル・セッティングも良かったですが、ル・パークも気品がありこれからの料理が楽しみです。コースメニューはいくつかありましたが、一番品数の少ないLa Decouverteにしました。

Le Park table setting

アミューズブーシュから。器とスプーンのプレゼンテーション、色合いがとても良いです。

Le Park amuse-bouche
Le Park baguette

綺麗にスライスされたバゲットが提供されます。

Le Park butter

お皿のデザインとマッチしたバターのエンボス。こういった細かいところのこだわり、結構好きです。

Le Park amuse-bouche

アミューズブーシュ2品目。

Le Park / Smoked salmon served warm, dried caviar

コース1品目は温かいスモークサーモンとドライキャビアと共に。スモークサーモンが温かく提供されるのは珍しいと思います。

Le Park / Codfish from Quiberon cooked with tamatoes water

続いて、トマトソースがかかったタラ。トマトソースは目の前でかけてもらいました。

Le Park / Quail filet with zucchini flower

肉料理としてウズラのフィレが出てきました。確か手前がズッキーニの花だったと思います。

Le Park / Chaource foam with hazelnut oil

シャウルスというもともとシャンパーニュアルデンヌ地方のシャウルス村で作られていたチーズのようです。

Le Park

デザートの前に口直し。

Le Park / Lemon souffle

コースの最後のレモンスフレを頂きました。

Le Park

最後にチョコレート、メレンゲ、ゼリーを頂きました。5品のコースでしたが、アミューズブーシュなども含めると十分な量で満足のディナーでした。

食事を終えて部屋へ戻れば、寝るだけで良いという環境は贅沢ですね。反省するならば、到着初日から欲張って予定を入れ過ぎてしまったことです。たくさんの種類のシャンパンがあるようですし、また来る機会があれば食前酒、コース料理にワインペアリングを追加して楽しみたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です