Hotel

パーク ハイアット パリ ヴァンドーム 滞在記 パーク スイート キング

2017年9月に行ったフランス・スペイン家族旅行。ランスからTGVでパリ東駅まで移動後、タクシーで宿泊するホテルまで移動しました。

パリでの宿泊先はパーク ハイアット パリ ヴァンドームでハイアットのマイルストーンリワードでもらったカテゴリー1〜7の1泊無料宿泊券と30,000ポイントで2連泊しました。また、グローバリストがもらえるスイートアップグレードを予約時に使用し、スタンダードルームからパーク スイート キングにアップグレード済み。チェックインはスムーズで、部屋までアテンドしてもらいました。

可能であればヴァンドーム広場が見える部屋をリクエストしていたのですが、コートヤードビューでした。就寝時はこちらの方が静かなので、サカナさんはコートヤードビューで良かったようです。

実は2014年にポイントでこちらのホテルに1泊宿泊したことがあります。その時はスタンダードルームで、パリのホテルは構造上かなり狭いと思いました。

今回はスイートルームとあって広いです。

ですが、リビングとベッドルームが分かれているタイプのスイートルームではないようです。ホームページにはこう説明されています。

With 40-45 sq m of space, this elegantly decorated suite features a king-sized bed and a sitting area. This is a standard suite.

これがスタンダートスイートなんです。パリのホテル、恐るべし。

鏡を多用して実際よりも広く感じるように工夫しているように思いました。

こちらのオットマンチェアの曲線美が素晴らしかったです。

テレビは壁に埋め込まれていてスッキリしています。これも部屋の広さが限られているための工夫でしょうか。。。ただし、音は籠もって聞こえずらかったです。テレビに向かって左がミニバー、右がバスルームです。

ミニバーにはネスプレッソとマリアージュ フレールが用意されていました。

ミニバーのソフトドリンクは十分なセレクションです。

豊富な種類のアルコール類が用意されています。

バスルームが非常に広く、部屋全体の3分の1ぐらいありました。右側が部屋のメイン部分です。

シャワーを浴びるスペースとバスタブが別になっています。

ハンドシャワーとレインシャワーの両方があります。

超高速でこちらのバスタブにはお湯が溜まります。

このホテルのために世界的調香師クリストフ・ラウダミエルが調香したバスアメニティ。

フローラルでいて、強めな香がします。

シャワールームとバスタブの反対側には2箇所も荷物を置くスペースがあり、パッキングする際に便利でした。

横並びではなく、離れたタイプのダブルシンク。

まずは、奥のシンク。

ヘアードライヤーはこちらの棚に保管されていました。

奥のシンクを背に反対を見ると荷物のスペースがあります。相当な数の服も余裕で掛けられそうです。

左側の荷物置きの引き出しにはスリッパ、靴べら、ランドリーバッグがありました。

続いて、手前のシンク。

シンクの側にあるケースの中には歯ブラシ、マウスウォッシュ、綿棒、コットンパッドなど一通り必要なものは用意されています。

こちらの棚には体重計がありました。

大きい方の荷物置きの下はドレッサーになっており、これだけの数があれば長期滞在でも服の収納には困ることはないと思います。

ウェルカムドリンクにシャンパンとミックスベリーを頂きました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です