Hotel

パーク ハイアット パリ ヴァンドーム 滞在記 朝食

2017年9月に行ったフランス・スペイン家族旅行。パリ2日目は日本語しか話せない両親が心配だったので、朝6時に起床して朝食を共にしました。

綺麗にテーブルセッティングされていて、白の胡蝶蘭が優雅で清潔感のある雰囲気を醸し出しています。他のゲストはおらず、一番乗りでした。

天井は天窓になっており、自然光が差し込み気持ち良いです。

朝食メニュー。グローバリストで2室を予約した場合、グローバリストでない両親の部屋も朝食は無料になるようです。さすが、ハイアット!有料だとアメリカンブレックファーストは一人50ユーロになります。

アラカルトのフレンチトーストやエッグベネディクトも気になります。

中央のバッフェ台の左側には各種パン類とトースターが設置されています。

このミニサイズのバゲットはナイス。カットしなくて良いし、食べ過ぎ防止にもなります。

カントリーブレッドなど。

ブッフェ台を時計回りに紹介します。パン類が続きます。

マーブルケーキとレモンケーキ。

シリアルも6種類ほどあります。

ヨーグルト。

ミューズリー。

超巨大なボルディエバター。翌日も新しいバターが置かれていました。

フレッシュ・チーズ。右側は失念しました。

カットが綺麗なスイス・チーズ。

チーズ以外にもシャルキュトリーが揃っています。

キッシュが用意されているのはフランスっぽいですね。

しかも、ラタトゥーユまで。

生ハムなどのシャルキュトリー。

こちらはグルテン・フリーのコーナーです。

フルーツは6種類。

コンフィチュール、クッキー、マフィン、クグロフまで。

コンフィチュールはこちらのホテルにあるレストラン「ピュール」のジャン=フランソワ・ルケットの手作りのものでした。

アナトラの小さいコンフィチュールもありました。

卵料理はオムレツをお願いしました。父はこれまで宿泊したホテルで食べた朝食で一番美味しいと大変感動していました。個人的には、アラカルトからオーダーもできるパークハイアット東京やパークハイアットシドニーの方が好みでした。

2日目の朝食はヘルシー・ブレックファーストをオーダーしました。お値段49ユーロ。野菜ジュースにスムージー。どちらも美味しかったです。

そして、これ。チーン。。。ほぼバッフェでも出されている内容じゃないですか。

これならアメリカンブレックファーストの方が断然お値打ちがあると思います。ただし、食べ過ぎ防止にはなったと思います。ご馳走様でした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です