Restaurant

オーベルジーヌで誕生日ディナー

ハイアット ハイランズから車で10分ほど離れたカーメルにあるオーベルジーヌザ レストラン アット ローベルジュ カーメル(Aubergine the restaurant at L’Auberge Carmel)でサカナさんの誕生日を祝うディナーを頂きました。

オーベルジーヌはルレ・エ・シャトーに加盟するローベルジュ・カーメルというホテルのレストランになります。2017年にフランスのランスに行った際、ルレ・エ・シャトーに加盟するレ クレイエー(Les Crayeres)で頂いたディナーと朝食が素晴らしかったので、今回も期待が高まります。ちなみに、ミシュラン一つ星。

予約名を伝えると、まずコートヤードに案内されます。

こじんまりとしたホテルですが、手入れがされているのがわかる好感を持てる雰囲気です。

待ち時間に食前酒としてカバ、ロゼ スパークリングワイン、クリュッグの案内がありましたが、クリュッグはグラスで65ドルと恐ろしい値段。ここは節約して、私はカバ、サカナさんはロゼをチョイス。カバはそれほど特徴はないものの、ここのロゼ スパークリングを辛口で私好みでした。写真がブレていて申し訳ないです。

Caraccioli Cellars Brut Rose

食前酒を飲み干す前に席に案内されました。レストランのテーブル数はそれほど多くなく、落ち着いた雰囲気があります。

テイスティングメニューにソムリエのワインペアリングをお願いしました。リザーブのワインペアリングも可能ですが、値段が100ドルほど上がります。

最初にギフト フロム ザ パシフィックという3品。箱に入った演出は視覚にも楽しく、3品目のウニは超濃厚な味わい。

gifts from the pacific 1品目
gifts from the pacific 2品目
gifts from the pacific 3品目

2品目からワインペアリングがスタート。メンドシーノにあるワイナリーのピノ・グリから。お料理はシマアジ。

Navarro Vineyards Pinot Gris 2016
shima aji, tomato, caviar

続いて、鮎。絶妙な焼き加減です。添え付けの野菜とイクラが美しい。ワインはシチリア産のもの。

Occhipinti SP68 Bianco 2018
ayu, zecchini, squash

4品目はロブスターと白だし、ブリオッシュと一緒に。ワインはフランス産です。

Domaine Yves Cuilleron Viognier Les Vignes d’à Côté 2014
lobster, shiro dashi, fines herbes

肉料理に変わります。まずは、ダックから。ワインはスペイン産です。焼き色がこれまた美しい。焼いたセロリの茎が美味しかったです。

La Bruja de Rozas 2017
muscovy duck, salt baked celery roots, plum

ビーフにはカリフォルニア産のカベルネ・ソーヴィニヨンとの組み合わせ。サワードウブレッドとバターと共に。

Kathryn Kennedy Cabernet Sauvignon 2011
beef, kohlrabi, local herbs & flowers

デザートの前に食後酒です。

ここまで来るとだいぶ酔ってしまって、デザートの記憶が曖昧ですが、頂いたメニューで確認するとデザート3品続いたようです。

gost cheesecake, huckleberry, fig
devil’s food cake
cherry chocolate ganache

小さな誕生日ケーキ(写真は失念しました)とお土産まで頂きました。

marshmallow fluff

シマアジ、鮎、白だしなど日本料理にインスパイアされた料理の数々。特に前半のシーフードが好みでした。味覚だけでなく視覚にも楽しい演出。誕生日ディナーとして良い思い出になりました。また機会があれば訪れたいです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です