Travel

ビッグ サーをドライブ

ハイアット ハイランズをチェックアウトした後は、ロサンゼルスの自宅までカリフォルニア州道1号線を南下しコーストラインのドライブです。

ビッグ サーで人気の高いビュースポット、ビクスビー橋(Bixby Bridge)。実は前日に天気予報を確認するとホテルをチェックアウトする日は曇りのようなので、前日に行って撮影しました。くもり模様というよりも霧ですね。ここは地形として霧が発生しやすく、写真の出来栄えはタイミング次第だと思います。

ビクスビー橋以外にもいくつかビュースポットがあるので、時間に余裕があれば駐車して、絶景を楽しむことができます。どこを切り取っても絵になります。

途中で次回の偵察がてらヴェンタナ(Ventana)に立ち寄りました。看板の案内に従って運転して行くとメインのエントランスには門で閉ざされており、部外者を寄せ付けない圧を感じました。宿泊予定の方は門にあるインターフォンで宿泊名を告げるのでしょうが、私たちは門の右手にある坂道をさらに上に進み、パーキングスペースを発見してそこに駐車しました。ここはひょっとすると宿泊者のセルフパーキング用のスペースなのかもしれません。レストランのような建物があり近づいてみると提供時間外なのかゲストもスタッフもおらず。「ゲスト以外立ち入り禁止」のサインがたくさんあり、ビビってしまいました。レストランのすぐそばにお土産ショップがあり、中へ。テラスからはビッグ サーの絶景が広がります。

Ventana Glass House Gallery

ここはグラス ハウス ギャラリーと呼ばれるところで、ホテルのスタッフと少し話をしました。ヴェンタナに宿泊するオススメの時期を聞いたところ、10月〜11月という回答がありました。理由はバーケーション期間となる夏休みと9月は宿泊客が多いので避けた方がいい。また、感謝祭のホリデーシーズンが始まる前の11月中旬以降も避けた方がいいようです。10月はサンフランシスコ、ベイエリアは天気は良いという印象がありましたが、11月上旬もビッグ サーの天気は良いようです。2020年は堂々と胸を張って門のインターフォンを押しに来ようと思います。

ヴェンタナから車で1時間半南下してサンシメオン(San Simeon)でアザラシを観賞。あー、気持ち良さそう。

Elephant Seal Vista Point

10分ほど離れたウィリアム ランドルフ ハースト メモリアル ビーチ(William Randolph Hearst Memorial Beach)でトイレ休憩。美しい桟橋が印象的です。桟橋の先端には釣をしている方々が何人かいました。

William Randolph Hearst Memorial Beach in San Simeon

少し遠回りですが、海岸線をドライブするのは気持ちよく、それだけで気分がリフレッシュできます。ロサンゼルス近郊の渋滞で疲れはドッと出てしまうんですけどね。

One Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です