Hotel

ヴェンタナ ビッグ サー 滞在記 ザ コテージ ハウス

2020年10月末に宿泊したヴェンタナでアップグレードされたザ コテージ ハウスに向かいます。レセプションのソーシャル ハウスから一番離れていますが、徒歩で5分くらいの距離です。

すでに預けた荷物は部屋の前まで届けられていました。

Ventana Big Sur / The Cottage House entrance

ドアにも清掃後、誰も入室していないとわかるステッカーが貼られています。ここでもしっかりコロナ対策がされています。

Ventana Big Sur / The Cottage House door

ホームページの説明によると、部屋は67平米。リビングルームとベッドルームの仕切りはありません。部屋に入ると正面にデスクがあります。

二人掛けのデスクの上にはお土産が3点、説明と共に置かれています。

Ventana Big Sur / The Cottage House souvenir

部屋に入って左側にはミニバーになります。

Ventana Big Sur / The Cottage House mini bar

ネスプレッソがありましたが、コーヒーは朝食時にレストランで頂き、その後はスパークリングウォーターか持参したアルコールを消費していたので、ネスプレッソは使用しませんでした。

Ventana Big Sur / The Cottage House mini bar

環境に配慮したウォーターボトル。敷地内に何箇所かウォーターサーバーがあります。ホテルのスタッフに確認したところ、このボトルは無料で持ち帰っていいようです。

Ventana Big Sur / The Cottage House mini bar

アメリカのホテルにしては珍しく冷蔵庫にドリンクが入っています。こちらもアルコール以外は無料のようですが、アルコール入ってない。。。ネスプレッソ用のクリームがありました。

Ventana Big Sur / The Cottage House mini bar fridge

スナックも全て無料のようです。ただ、常に満腹だったため、一つも手をつけませんでした。消毒液やマスクも用意してありました。

Ventana Big Sur / The Cottage House mini bar snacks

ミニバーの横からトイレ、クローゼット、バスルームへと繋がります。

Ventana Big Sur / The Cottage House bathroom

クローゼットは広さは十分で、セーフティボックス、バスローブ、傘まで用意されています。

Ventana Big Sur / The Cottage House closet

トイレに窓があるのは明るい雰囲気になるので、嬉しいです。

Ventana Big Sur / The Cottage House toilet

バスルームの方に移動します。

シンクはダブルシンクでした。

Ventana Big Sur / The Cottage House basin

バスアメニティも一通り用意されていました。

Ventana Big Sur / The Cottage House amenity

一瞬ドライヤーがないと焦りましたが、引き出しにありました。

Ventana Big Sur / The Cottage House dryer

二人同時に使用しても問題なさそうなバスタブ。バルコニーにジャグジーがあったので、こちらは使用せず。

Ventana Big Sur / The Cottage House bathtub

シャワーはレインシャワーですが、水圧はイマイチでした。

Ventana Big Sur / The Cottage House shower

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ソープはホテルオリジナルのようです。ローズマリーとミントの爽やかな香ですが、ソープは粒々が練りこまれているため、敏感肌の方は気になるかもしれません。

Ventana Big Sur / body wash & soap

この辺りですでにお気づきだと思いますが、至る所にホテルのロゴが施されています。ルームキーからソープの型、ソープソーサーまで、ブランディングが凄いです。

Ventana Big Sur / Logo

シャワーからトイレの方向を見るとこんな感じです。清潔感があって、過ごしやすそうです。

Ventana Big Sur / The Cottage House bathroom

バスルームから部屋のメインエリアに移動します。部屋の床の部分はオリジナルということなので、メンテナンスはされてるとは言え1975年から使用されているようです。

Ventana Big Sur / The Cottage House

ベッドは柔らかめで体がやや沈む感じですが、腰が痛くなるということはなかったです。リネン類の肌触りは良かったです。

Ventana Big Sur / The Cottage House bed

ベッド脇の電話。飾りかなと思いましたが、これでルームサービスなどの連絡が可能でした。

Ventana Big Sur / The Cottage House telephone

ベッド脇から部屋全体を見渡すと、かなりゆとりのある空間に感じます。

Ventana Big Sur / The Cottage House

ベッドの反対側には暖炉と座り心地の良い椅子が2つあり、夜は暖炉に火を灯してゆっくり過ぎる時間を堪能しました。

Ventana Big Sur / The Cottage House fireplace

そして、55平米あるバルコニーです。

Ventana Big Sur / The Cottage House balcony

ハンモックもあり、昼寝するには良さそうです。

Ventana Big Sur / The Cottage House hammock

贅沢にもジャグジーもあります。

Ventana Big Sur / The Cottage House jacuzzi

バルコニーからは雄大な森が見えます。フリーウェイからも離れているため、静かで、昼にはキツツキの木を突く音が心地よく聞こえるぐらい心休まる時間でした。

Ventana Big Sur / The Cottage House wilderness

ホテルのホームページから拝借したザ コテージ ハウスのフロアーマップです。

Ventana Big Sur / The Cottage House floor map

ホテルのスタッフからも、海は見えないもののこの部屋は他の部屋との距離もあり、静かでジャグジーやハンモックの設備もあって一押しとのことでした。ゲストによってはオーシャンビューをリクエストするようですが、一度この部屋を見ると誰もが気にいるようです。高級ホテルのトップスイートのような100平米を超える広さや派手さ、豪華さはないですが、居心地が非常に良いというのが泊まった感想です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です