Restaurant

「世界のベストレストラン50」トップ10常連のアサドール・エチャバリを訪問

2017年9月に行ったフランス・スペイン家族旅行。いよいよ、この旅行のメインイベントです。

サン・セバスティアンから車で1時間ほど、ビルバオからも車で30分ほど離れたのどかな場所まで来ました。近代的な建物はなく、緑が広がります。そこに現れた、「世界のベストレストラン50」でトップ10以内常連のアサドール・エチャバリ(Asador Etxebarri)。訪れた2017年は前年の10位から6位へと躍進しました。2020年はなんと3位に!8月は丸々1か月間休業です。予約は3か月ほど前にホームページで完了。ウェイトリストに登録して、数日後に席が確保できると連絡がありました。火曜日から日曜日のランチのみですが、土曜日はディナーも提供しています。

農家屋を改装した建物で、照明は少なくほとんど自然光でした。

アートも飾られた凝った空間でした。

本日はテイスティング・メニューで。この時は154ユーロですが、現在ホームページでは平均金額が209ユーロと記載されているので、200ユーロ近くまで値上がりしている可能性があります。

ワイン・ペアリングもありましたが、グラスで頼むことにしました。

まずはCavaで乾杯。辛口で飲みやすいこちらはGramona Imperial Brut。

こちらの台でワインを注いだり準備をしておられました。

さて、食事のスタートです。まずはメニューにないトマトとズッキーニのアミューズから。

続いて、トーストしたパンの上にアンチョビ。炭火で焼いたパリパリの自家製パンがすごく美味しかったです。

バゲットを頂きます。

ヤギのミルクでできたバター。上の黒いのは黒塩。クセのあるバターですが、バゲットとよく合いました。

こちらのモッツァレラチーズは食感がモチモチで、味は薄味でした。

トマトとマグロ。トマトが非常に甘くて、マグロの火入れ具合が絶妙で柔らかくて美味しかったです。

次は、ムール貝。ソースはトマト味でした。

こちらのホタテはレアな焼き具合で、磯の香離」が印象的でした。

パラモス産のエビは、絶妙な火入れ加減でミソが特に美味しい一品でした。

玉ねぎの甘味がアクセントなイカ。

こちらはきのことナス。特に、ナスのスープが優しい味わいでした。

スクランブルエッグですが、卵の味が超濃厚でした。

ココチャは、下の部分のパリパリの食感が良く、上品なタラでした。

ヒメジはあっさりした味付けでした。

豪快な見た目に圧倒される熟成骨付き肉チュレタ。父は通常ウェルダンの焼き加減を好むのですが、母が比較的火の通った部分を切り分けていました。

口直しにミントのアイス。

低脂肪乳のアイスクリームにビーツのソース。ビーツのソース単体だけを食べると、ビーツの味がはっきりわかるデザートでした。

イチジクとアーモンドクリーム。

ミニャルディーズ。

最後に出てきたココアが、すごく渋い味でした。

最後は、友人経由でお願いして日本人スーシェフ前田さんに厨房を案内してもらいました。

こちらにある薪を使って調理をするようです。

高温になった状態の薪。

先ほどの薪をこちらに載せて、食材によって高さを調整して調理をするようです。

4時間ほどこちらで過ごし、ゆっくり味わうことができました。ご馳走様でした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です